BIWA-YOU

『琵琶謡』とは、徒然を謡うこと。写真と、日々思うことを。      そして、できるならば詩や小説も書き綴りたいと思いつつ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

僚友 その4

自転車で旧軽井沢へ。

まず、定番の聖パウロカトリック教会へ。
初めて行ったのは20年以上前(汗)
P9253878.jpg
昭和10年(1935年)、アントニン・レーモンド設計
チェコ出身の建築家、フランク・ロイド・ライトのお弟子さん。
その生涯を読むと、贖罪の後年だったのかしらね。

奥にある軽井沢ショー記念礼拝堂にも行ってみました。
(ここには行ったことがない)
P9253884.jpg
あら、この礼拝堂は1990年に復元されたものなんですって。

礼拝堂の裏にあるショーハウス記念館。
P9253896.jpg
軽井沢の別荘一号だそうです。
まだまだ使えそうな家具がそろってました。

そして最後に茜屋珈琲店で珈琲を一杯。
P9253903.jpg

その後、いつものごとくアウトレットに行ったのですが、
お目当てのお店がことごとくなくなっていた!!!
友人は何も買わず。私は姉の頼まれものを買って帰ったのでした。

一緒に二年暮らしていた寮友。
20年以上経っても変わらないなー。
友人の二世はしっかり、友人の性格を受け継いでいる。
「もお」と眉をしかめてましたが、Hちゃん、そりゃあ、君の気質だ。諦めたまえ。
愉しい3日間でした。

スポンサーサイト

PageTop

僚友 その3

長野の友人と別れた後は、郡山の友人と軽井沢一泊。
(私たちがいた寮は、長野と福島に二分していた。進学校が多いこともあって郡山出身者も多かった)

さて、どこ行こうね、と悩んで最終的に行ったのは「星野温泉」
まず、村民食堂で食事をし、
P9243861.jpg

フラッシュを持ってないので写らないのを承知で温泉の入口を無理やり撮影
P9243862.jpg

友人の家が半壊以上と聞いて、ショックだった。
それは、郡山で久々にあった友人も同じで、震災後の「大丈夫?」{大丈夫!」というメールとはほど遠い話で、友人たちが「大丈夫!」と返信くれたのは「生きてるよ!」というメールだったのかと、半年も経ってから知る。
この、やるせなさは、どう表現したらいいのかわからない。
自治体から支給される義援金は、一律。
それぞれの状況を判断して支払われることはないのだ。

時々、東京にいると異世界に感じる。
いや、被災地以外は、きっと異世界なのだろう。

翌日の朝、自転車で、前から気になっていた「雲場池」へ行ってみた。

あら、綺麗。
P9253866.jpg
P9253875.jpg
朝の散策にはベストな空間。

PageTop

寮友 その2

次の日には、八千穂レイクに連れて行ってもらいました。
P9243842.jpg
奥に見えるポツポツはバス釣りのおっさんたち、湖につかってがんばってます。

なんかいいよねー
P9243855.jpg

白樺が綺麗でしたよ
P9243838.jpg

そんな中にある「恋人たちの聖地」白樺2本がハート形になっているとか。ないとか。
P9243847.jpg
まあ、行って確かめてみて。

その根元にはかわいい花
P9243849.jpg
もう寒いだろうに、蜂も活動中。

PageTop

寮友 その1

なんか、軽井沢ばっかり行ってますが、
短大の寮の友人も長野なんで、今回もまたまた軽井沢へ。
でも、宿泊は地元友人のおかげで八千穂のペンションに泊まりました。

9月後半でも、山は寒い…。薪ストーブが温かいったらありゃしない。
P9243816.jpg

ピアノもあっていい感じな多目的ルーム。
P9243817.jpg

くまさんパン。もちろん子供だけ。
P9243828.jpg
いーなー。

何故かとっても和室なスペースあり。
P9243837.jpg

いやあ、いい感じのペンションでした。

PageTop

新潟―いろんな被写体3

どうも新潟では有名らしい「車麩」
初めて食べました。麩ってふつう煮つけるとやわらかくなるじゃないですか。
ところが車麩は弾力が煮ても残っていて、食べてびっくりしました。
PB162781.jpg
左下のが車麩

2日間の食事で何がおいしかったというと、一番は「ご飯」
さすが本場、魚沼。
…おいしいお米じゃないと食べたくない病がさらに悪化したような気がします。

野菜は自宅用でしょうか。
どこのお庭にも小さな畑がありました。
PB172798.jpg
大根の葉のお味噌汁か、炒めものが食べたくなるような、元気な大根

あっと。これは食べ物じゃないです。
錦鯉たちも災害を克服(?)元気でしたヨ
PB172918.jpg
この後、鯉のエサが売っていたのであげたら、鯉の上に鯉・鯉・鯉、そんな状態に…

新潟県中越地震の被害は甚大だったようで、今回見学したさまざまな場所でお聞きしました。
表面上は元に戻っていましたが、どれも地元の方々の努力の結晶です。
たった2年前の話ですから、資金繰りは大変だろうなと思われました。
風景の良い素敵な場所ばかりでした。みなさんも是非お出かけください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。