BIWA-YOU

『琵琶謡』とは、徒然を謡うこと。写真と、日々思うことを。      そして、できるならば詩や小説も書き綴りたいと思いつつ・・・。

要介護認定等基準時間とは?

2年に一度、要介護認定のために役所から調査の人がやってくる。
今日届いたその書面に書かれていたのは、介護度4。
これまで、ずっと介護度は5の認定。
まず、どうして4になったのか確認した。ケアマネージャーとも相談し、不服申し立てをする予定。(私が、ではなく姉が、ではあるが)

要介護認定について厚生労働省のHPを見ると、「要介護認定は、介護サービスの必要度(どれ位、介護のサービスを行う必要があるか)を判断するものです。従って、その方の病気の重さと要介護度の高さとが必ずしも一致しない場合があります。」とある。

要介護4とは、要介護認定等基準時間が90分以上110分未満又はこれに相当すると認められる状態
要介護5とは、要介護認定等基準時間が110分以上又はこれに相当すると認められる状態
とある。

いわゆる時間だというのだ。その要介護認定等基準時間の分類は、
 直接生活介助    入浴、排せつ、食事等の介護
 間接生活介助    洗濯、掃除等の家事援助等
 問題行動関連行為  徘徊に対する探索、不潔な行為に対する後始末等
 機能訓練関連行為  歩行訓練、日常生活訓練等の機能訓練
 医療関連行為    輸液の管理、じょくそうの処置等の診療の補助

身体的な傾向としては、
要介護4  要介護3の状態に加え、さらに動作能力が低下し、介護なしには日常生活を営むことが困難となる状態
要介護5  要介護4の状態よりさらに動作能力が低下しており、介護なしには日常生活を営むことがほぼ不可能な状態
とある。

母は著しく舌の機能が落ち、食事どころか水や自分の唾液さえも飲みこめない状態のためにあるため、経鼻経管を使って栄養を得ている。

役所の回答は、経鼻経管で食事に時間を取られないから、介護度4だというのである。しかし2年前も経鼻経管をしていた。
さらには、経鼻経管は調査日の前の2週間の間に換えてないと認定にならないと言うのだ。経鼻経管の取り換えは、1ヶ月に1度。看護婦さんが取り換えてくれる。管で内臓を傷つける可能性だってある。喉を通すときは間違って気道に行っていないか、気を遣う作業だと思う。短期間で換えたいようなものではない。母は認定調査の3週前に取り換え、1週間後に新しいものに取り換えている。毎日の食事代わりの栄養剤は医師の処方のものを与えている。
経鼻経管は医療行為で、家族と看護婦以外は栄養剤の流し込みができない。
そのためデイケアでも、看護師がいる時のみしか利用ができない。

介護の時間で考えるなら、骨折をしたことで、リハビリパンツと呼ばれる伸びる素材のオムツから、赤ちゃんに使うような前止めのオムツを利用するしかなくなった。リハビリパンツのシートを換えるのと。オムツを全部開いてシートを換えるのではかかる時間も大きい。さらに、痩せ細った母にとっては、オムツの形状が合わないために、毎度漏れるのだ。毎日のように、毎回のように。(リハビリパンツの方が伸縮しておさえてくれる分、漏れが少なかった)パジャマが漏れた排泄物で汚れる。洗濯の機会は3倍くらいになった。

昨年5月くらいに母は下痢が続き状態を大きく落とした。デイケアは熱が37度あると預かってはくれない。預けることは出来なかった。ようやく下痢が落ち着いた頃にお風呂に入れてあげたいと一日だけデイケアに出すようになった。デイケアに出すことが出来る日が減った。介護時間は増えた。

それなのに何故、である。

介護度を替えるということは、受けられてきた様々な支援の一部が受けられなくなるということだ。
もしも、少しでも母の状態が良くなったのなら、うれしい。それで介護度が下がるならどんなに嬉しいだろう。
でも、状況は全くの反対だ。
姉は24時間母の側を離れないけれど、他の方はそうではないだろう。そういう方は、これまでの支援を受けれず、どう生きていくのだろうか?
そこに隠れている「税金で生きている」「国民を苦しめている」「死ね」という日本国からのメッセージを感じずにはいられない。

母は話すことはできない。
母は痛いと訴えることもできない。
寝返りもできない。何度も褥瘡ができたので、エアーマットのベッドを使っている。
座った状態を続けることもできない。そのため、車いすも頭を固定できるヘッドマットのあるものを使っている。そのような状態だから、昨年末腕を骨折した。
舌の機能が落ちて、舌が喉(気道)を塞ぐ状態になる。体調の悪化は痰に繋がり、喉に絡まることも。ゆえに呼吸ができなくなることがある。舌の状態を時々確認する必要があるし、痰が絡まっている時は吸い上げることをしている。
脳の指令が止まるのか、自分で呼吸を止めてしまうこともある。
拘縮が毎日ある。特に夜中は2~3時間くらい続く。そういう状態の時はぜーぜーと苦しい音を立てている。姉は夜中、拘縮が収まるまで母をさすっている。

PageTop