BIWA-YOU

『琵琶謡』とは、徒然を謡うこと。写真と、日々思うことを。      そして、できるならば詩や小説も書き綴りたいと思いつつ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

進化

何の影響か、ひとつには絞れないが、とにかくも物心つく頃には、恐竜が大好きだった。
初めて恐竜の博覧会に行ったのは中学生だったか。
上野の科学博物館にブラキオサウルスを観に、母に連れて行ってもらったのが、一番初めだと思う。
本物の化石の骨を触らせてくれるというのが売りで、「タッチ証明書」なるカードももらった。
そのカードに書かれていたので、良く覚えているのだが、あの頃のブラッキーの説明は「重い身体は湖に身体を沈め、長い首を湖の上に出して呼吸していた」だった。
もちろん、ティラノ(現在はティランノサウルスと、表記通りに読む)も、ステゴも、トリケラもシッポをずるずると地面に下げたスタイルだった。

mamenchi.jpg
(マメンキサウルス、後ろから。マメンキはブラッキーの親戚。)

いまや、恐竜と言われる種類の古生物は、全て尻尾を高く上げ、首を下げて歩くスタイルで復元されている。
何故分かったかと言うと、足跡の化石が発見されたから。
足跡はあってもシッポの後がなかったワケ。

saurus.jpg
(ティランノサウルス類、よってみました。こわいね。)

spino.jpg
(スピノサウルス)

恐竜が温血動物だったのでは、という仮説があがってから、恐竜の世界はガラッと変わった。
子供の時必死に覚えたことが、ぜーんぶ無駄になるくらい。
だから、今でも恐竜の展示会があると必ず行き、ガイドブックを買ってくることにしている。

今回は恐竜のミイラ化石が展示された。
筋肉などの軟組織も残っている。

恐竜分野の古生物学は、世界中で進化している。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

太古の昔なのにね。

またまたおじゃましますv-222
そうかぁ、歴史は繰り返すって言われるけど、解明されていない謎(笑)は進化しちゃうんだねぇ。
それにしても、骨だけなのにすっごい迫力~! 写真でもこの迫力なんだから、そばで見たら怖いんだろぅなぁ。上野の博物館、最後に行ったのは何年前だろ…(^^;)特別恐竜好きではないけど、ひさびさに行ってみたい!でも幕張?も上野も、今は遠いなぁ…いろんな意味で(T_T)

Annie | URL | 2009-09-07(Mon)06:05 [編集]


現在進行形の昔?

こういう研究って、最新科学を利用しているから、なんか昔なのか、将来なのか分からなくなるネ。
上野の科学館も広くなって楽しいよ。
三つ子の魂百まで! わかんなくても、こっちが疲れてもいいから、そろそろ連れて行ってあげようよ♪ お付き合いしますよ~。(疲れを取る時間はしっかり確保だよね(苦笑))
そのあたりだと、まずはいわき方面だねー。

morion | URL | 2009-09-07(Mon)11:42 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。