BIWA-YOU

『琵琶謡』とは、徒然を謡うこと。写真と、日々思うことを。      そして、できるならば詩や小説も書き綴りたいと思いつつ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

薔薇

2011年は災害ばっかりだったなぁと思う。
なのに、今年の一字は「絆」なんだとか。
私は「災」だと思うなぁ。(どうも、宮城県の村井知事は同じ意見みたい)
被災地は「災害」の真っただ中にあるし、冬が本格的になるにつれ、新たな問題が浮き彫りになっていく。
「絆」を感じたのは被災地以外の人たちだと思う―。
そして、その言葉を使うことで災害を過去のものにし、うやむやにしようとしている。

公園のバラ園。
PA093952.jpg
除染したら、このバラはどうなるのかな。。。

バラの花びらは、造形的で美しい。
PA093963.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

『災』にならなかったのは…

たぶん過去に使ったからかなぁ…。でも『絆』は微妙。
日本に住んでいて、地震は受け入れるしかない自然災害。地震が来れば津波も来る、というのは過去からの教訓。あの日、地震の揺れには確かにびびった。かなり大きい揺れだったけど立っていられた。でもちょっと遠くの屋根瓦にまでは気づかなかったけど、目の前の通路に亀裂が入っていくのを見て、帰る途中も恐かった。家のこと、連絡が取れない家族や親戚、友人たちが心配だった。
原発事故は人災。これと国の対応が遅いせいで、ちっとも原発の恩恵なんか受けてなかった市町村は振り回されている。復興なんか『はぁ~?!』って感じのトコに新たな自然災害でさらに傷口をえぐられ、さらに『復興ってドコが~?』って感じ?それが『絆』ってどうよ?!ですな…ま、ある意味できたのかな…ドコかでは。

Annie | URL | 2012-01-03(Tue)01:47 [編集]


そうなんだ

同じ文字だっていいじゃん。
1月に起きた阪神大震災の年が「震」なのになんで?
まあ関西で決めている一字だもんね。
きっと「絆」が関西にはあったのでしょう。
九州あたりでは、福島、震災地域の受け入れ拒否しまくりだもんね。九州、嫌いになりそう。

morion | URL | 2012-01-05(Thu)01:11 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。