BIWA-YOU

『琵琶謡』とは、徒然を謡うこと。写真と、日々思うことを。      そして、できるならば詩や小説も書き綴りたいと思いつつ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

なぜに球根植物??

昨年の秋に除染をした、実家の庭。
表層を10センチほどはがしたので、多くの植物が生えてこないと思っていた。
といっても、根の深い植物は生えてくるとは思っていたけど、思ったより植物の根は深いみたい。

元気に花開いたスズラン。
P5097226.jpg

去年、庭いじり趣味の父が亡くなって、庭の家庭菜園の空間にペンペン草(ナズナ)が群生したけれど、その雑草たちも除染ではがされたわけで、今度生えるのはどの雑草と思っていたら、
春、こんなのが群生して咲いた。
P5097243.jpg

白い六弁の花。朝と夜には花を閉じ、明るい間だけ花弁の開く花。一つの枝からいくつもの花が咲くので、きれいです。
調べてみると、名前はオーニソガラム。和名オオアマナ(大甘菜)。
ユリ科 オーニソガラム属

オーニソガラムは100種類もあるようなので、庭に生えてきた子の正式名称は分かりません。背丈は30センチないくらいでしょうか。20センチかな。
へー綺麗な雑草もあるもんだ、と思ったものの。
この植物、球根多年草です。
・・・。
庭の表面の土は除染業者が持ってきた白い土です。
・・・。
去年はペンペン草が生えておりました。
・・・。
このオーニソガラムの「球根」どこから来たんでしょうねー。
例えば、ツツジの周辺に群生したから、元々あった球根が咲いた。ツツジなどの大きな植物はそのままだったので、根元の植物は生きていた。
いやいや、去年は群生してなかった。
不思議だ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。