BIWA-YOU

『琵琶謡』とは、徒然を謡うこと。写真と、日々思うことを。      そして、できるならば詩や小説も書き綴りたいと思いつつ・・・。

建物と環境色彩

カラーコーディネーターの資格は、服飾、商品色彩、環境色彩、パーソナルカラー等に分類されています。基本は同じですが、分野ごとに深堀されています。
自分の仕事からすれば、「環境色彩」の資格は不要なのですが、関係のない分野だったからこそ「環境色彩」の資格を取得しました。
いわゆる生活の中の色彩を考える分野です。
色彩は、目に入り、脳で認識するものですから、人の心に作用する「モノ」です。
それゆえ、個人の家の中ならば好きな色彩にして構いませんが、他人の「視覚」を作用させる個人の家の外観、一般的なビルやその内装などの色彩には配慮が必要です。これを考える仕事が環境色彩のカラーコーディネーター。建築関係で働かないと役に立たない資格ですネ。そんな仕事にはついてないので、そういう考えの元に環境色彩を考えねばならないのだと、訴えることくらいは、と思っています(笑)

今回散歩していて気になったのは、神田の街の高層化。せっかく地域の人々が古い建築を残そうと努力しているのに、周辺の高層ビルの配慮のなさが見えたりするとがっかりします

悪い例。
神田教会の後ろのビル。せめててっぺんの社名は神田教会側に入れてほしくなかった。
018.jpg

逆に、素晴らしい例にも出会いました。
神田明神の脇に立っているマンション。
017.jpg
違和感がないですね。まるで神田明神の一部(笑)
このマンションの色彩を考えた方に拍手を贈りたいです!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する