BIWA-YOU

『琵琶謡』とは、徒然を謡うこと。写真と、日々思うことを。      そして、できるならば詩や小説も書き綴りたいと思いつつ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「シン・ゴジラ」のセリフに著しく反応

映画「シン・ゴジラ」を観ました。(映画の感想ではありません)
いくつか、考えてしまったセリフがありました。

―「かの国の属国」
私もそう思ってる派。
アルピニストの野口健さんが書いていたのですが、「終戦記念日」ではなく「敗戦日」にすべきと書いていて。さらに、そういう議論が戦後あったと。日本が占領した国が「解放記念日」とするのと同じ考えですね。言葉で意識は変わるからとも書いてあって、そうだなぁと納得。
なんなら、「軍国主義からの解放記念日」にでもしたら?と思ってみたり。

―「市民の自主避難に任せる」
どこか、揶揄が含まれた表現だなぁ。
もちろん、日本国と日本国行政に対して、ね。
ホント、力説したいんですが(笑)
そんなんじゃ、ダメ!
脚本関係に、被災者いなかったのかもなー、と思いました。
何度も力説しちゃうけど、
実際の災害があった場合、自分の意志で行動することが、まず第一。
補助として自治体がどう行動するのかを把握する、くらいが現実。
映画だからこそ、こういう表現は使ってほしくない。
「自助努力の方が命を助けられる」って言ってくれないと、次の災害の時、また哀しい悲劇が起きる。
最終的に行政は助けてくれるけど、ホント最後だと思ってた方がいい。
何かあった時「すぐに」助けてくれるのは「自分」!

―「屋内退避の指示」
東電の事故当時、何が正しいなんて知らなかったけど、もろもろ読んでいると、ある程度の放射線から一時的に身体を守るには屋内退避という選択で良いっぽい。
で、それを認識するにつれ、「知識」を持ってた人は「屋内退避」を知ってたんだろうって思う。
強い言葉で恐縮ですが、そんな皆さん。あなたは「罪」を犯したんです。
そりゃ、皆さんは福島県にいなかったカモ。30キロ圏内が強制避難したから良いと思ったカモ。風向きが重要って知ってたから、スピーディのデータを県庁に送ったもんね、それが重要って思わなかった県庁が悪い!って? んなワケあるか!!
物理に詳しい人は、戦慄を覚えるほどに放射線が怖かったのでしょう? 怖くて逃げた人、沢山いましたよ。
知識がない人はもっと怖いんですよ? だって知識がある人が怖がるんですもん。
「屋内退避」、そう一言、言ってくれれば、多くの人が放射能物質が風で飛ばされて来た日々、外に出ないでいられたんです。
余計な放射線に触れなければ、後日の、土壌の汚染への対処、汚染がひどいところを避けるだけで済んだんです。
そうすれば、みんな心を病むこともなかったんです。
黙っていたアナタ。
自分は関係ないって思ってませんか?
知ってたのに、何故言わなかったんです。
みんな死んじゃうかもしれないから言わなくてもいい、そうとでも思ったんですか?
あの時、福島に居た人、みんなが一生をかけて気に病むんです。
あなたも、一生をかけて気に病みませんか?
気に病むだけで、人は死ぬ場合もありますよ?
ねぇ。
そうやってなくなっていく人の「死」は、あなたの「罪」ですねぇ。
ねぇ。
裁判では裁けないみたいなんです。
自分で自分を裁いでほしいですねぇ。

と、恨み辛みをことほがせていただき…。

まぁ、放射線量が上がるようなことがあったら、必ず「屋内退避指示」してほしいですね。
基本、自助努力なんで、屋内退避してください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。