FC2ブログ

BIWA-YOU

『琵琶謡』とは、徒然を謡うこと。写真と、日々思うことを。      そして、できるならば詩や小説も書き綴りたいと思いつつ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

備忘録、ダンサーSergei Polunin

舞台鑑賞が好きなのは一番上の姉の影響が一番大きいけど、父母も歌舞伎は幕見で見るものだ派だったので、たぶんそういうの好きな家だったと思う。
姉がモダンバレエを始めたのは高校生の時だから、小学生の中学年くらいからバレエを鑑賞にするようになった。なかなか舞台は観に行けないけど、NHKが流してくれるローザンヌコンクールとか毎年観てたりする。
で、この映画の宣伝が流れてきた時「ああ、見たいな」と思って。
邦題は『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
原題は『DANCER』2016年、イギリス/アメリカ、85分、監督:スティーブン・カンター
ざっくり書くと、あるクラシックバレエダンサーのドキュメンタリー映画。

1989年、ウクライナの黒海に近い町ヘルソンの生まれ。近隣の知っている街というとオデッサかな。(ウクライナといえばキエフ。山岸涼子さんのバレエ漫画『アラベスク』の主人公の街!)
バレエダンサー、特にクラシックバレエのダンサーになるのって、才能のある子たちばかりなのだけど、普通の家庭に生まれたから、家族は彼の才能のために、彼の時間も、家族の時間も注ぎこむ。
そういう人って沢山いるけれど、ポルーニンは悪い方向に向かってしまった。
ロンドンのロイヤルバレエ団で19歳で最年少でプリンシパルになった彼は、喪失感をぬぐえずロイヤルバレエを退団。モスクワで尊敬できる師に出会うものの、それでも先が見えず、とうとうダンサーから引退しようと決めてしまう。
引退の最後にと、ロイヤルバレエ学校時代の友人に振付をお願いし、アイルランドのミュージシャン、ホージアの「Take Me to Church」を音楽に、デヴィッド・ラシャペルの撮影の作品がYoutubeで人気になったらしい。



これを見た人に勇気をもらって、ポルーニンは今もダンサーを続けている。

良かったなぁと思う。
吸収力のある人にとって、ひとつの世界にがんじがらめになるのは勿体ないことだと思う。
一段階、その世界を拡げることのできる才能がある人がこの世にたまにいるから。できれば、彼にはそういう人になってほしいなぁ。様々な世界を見ることで、新たな魅力あるクラシックバレエを造りだしてほしい。バレエ鑑賞を楽しみにしている観客の一人として深くそう願う。

現在彼は、ダンサーを支援する「プロジェクト・ポルーニン」という会社を運営しているのだとか。さらに2本の映画に出演する予定らしい。いつか彼が率いるグループの舞台が日本に来ることを楽しみにしたいと思う。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。