BIWA-YOU

『琵琶謡』とは、徒然を謡うこと。写真と、日々思うことを。      そして、できるならば詩や小説も書き綴りたいと思いつつ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

赤瑪瑙の指輪―目覚めの物語―

赤瑪瑙の指輪
―目覚めの物語―                     春日原玖宮


彼女は我に返った。彼女の側に立っていた少女に見覚えがあったのだ。
彼女は声なき声を少女にかけたが、少女はじっと彼女に視線を送るだけで、その表情が変わることはなかった。

渋谷の交差点は信号が変わる度に人が四方から流れ、四方の歩道へと人が流れていく。通り沿いのビルの一角、彼女は飾られていた。
黒海のほとりからやってきた赤い瑪瑙の金の指輪。
他の金製品と比べれば、目立たない小さな指輪だが、一連の発掘品として飾られていた。彼女は人々の言葉の端から、そこが自分の知っている場所ではないと知っていた。眠っていた故郷の土に戻りたいと思ったけれど、結局はどこにいても何も変わらないことに気が付いて、時折箱から出されては見知らぬ土地の空を眺めていた。

「綺麗な色よね」
ああ、あの娘だ――彼女はいつの日か見つけた少女に気が付いた。
そして、そうだわ、人間は大きくなっていつか消えてしまうのだったわ――と少女をしげしげと眺めながらひとりごちた。
「いつも観に来るの?」と、少年の声。
「時々飾られているのよ。ここの所蔵品だから無料だし」
細い指が彼女の上に置かれている。彼女はその指を物欲しそうに眺めた。こんなところにいないであの娘の指を飾りたいわ――。
細い指の次に黒髪に黒い目の少年の顔が彼女に迫り、彼女をじっと見つけた。あら、あなた――。彼女はまた声をかけたけれど返事はなかった。少年は彼女を見ながら首をかしげるように自分の顎を撫ぜたが、何かに気が付いて足早に去って行った。

彼女は空を見た。
ああ、ここは夏が暑いのね――
彼女は箱に仕舞われ、眠りについた。
いつものように沈黙するのではなく、彼女は夢を見続けた。
遠い昔の夢を。

彼女が削り出されて金の枠に取り付けられた時、初めは大きなブローチだった。マントを止めるために、屈強な男たちの肩を飾っていた。そうして彼女は何人もの人生を見てきたけれど、すべて霞の向こうのような存在だった。
「綺麗な色ね」
明るい麦穂色の髪にくすんだ緑の瞳の少女の細い指が、ゆるりと彼女を撫ぜた。はっきりと彼女がモノを見たのはこの時が初めてだった。
「ダメだよ、我が家の大切な宝なんだから」と、少年の声。
一歩離れて自分を見つめる少女の視線が、自分の行動を止めた少年を愛おしそうに追いかけるのを彼女は見ていた。

彼女は時々少女を見つけた。髪が長くなっては、他の大人の背と変わらない大きさになったが、それでも彼女は少女を見つけることが出来た。
誰かの陰に隠れて恐る恐る彼女を見上げている時は、主人のマントの留め金として使われている時だった。でも少女の視線はすぐに動き、別の方向を見つめるのだ。彼女はその方向に少年がいることにも気がつくようになった。

ある時、彼女は赤い温かい水に包まれた。少年の大粒の涙がその赤い水を落としてくれた。
「おめでとう」
花束が差し出され、娘になった少女が淋しそうに微笑んでいた。
周りの雰囲気から、ああ、これって結婚式というのだったわね。私の晴れ舞台だわ――と、彼女は誇らしく思ったけれど、遠くで涙する娘の姿を見つめ続けていた。
「今後争いをしないという約束で彼女は隣の主長の嫁になるんだよ」
ある朝、黒海の深い水を眺めながら青年になった少年が言った。彼女は静かにそれを聞いていた。
「一族を守らないといけないんだ」
青年は彼女を宥めるかのように、肩のブローチを撫ぜた。
「彼女のお蔭でひとつ争いが減った…。でもね、僕が死んだら、お前は僕の気持ちをいとこ殿に伝えてくれるかい」
彼女は青年が握った太い指の間から、遠く去っていく馬の列を見つけていた。

・・・約束しておくれ」
喧噪の中で青年の声がスパークした。多くの命の消えゆく叫びと共に、銀色の衝撃で彼女はバラバラになった。
「この石は捨ててしまうのかしら」
明かりが灯ったようだった。彼女は目を覚まし、娘の手の平の中にいた。
「もうブローチの飾りにはならないな」と誰かの声。
「じゃあ、私がもらってもいいかしら、いとこ殿の形見として。指輪にして大切にするわ」
手のひらが開かれると、娘は少し歳をとっていた。真っ赤になった瞳はそれでもどこか穏やかだった。
小さく削られ磨かれ、金の枠に嵌められて、彼女は指輪になった。
そして娘の左薬指を飾ったのだ。その一生を、そして死んでからも。

「これ、あの時の指輪だわ」
空が見えなかった。前とは違う場所にいるらしい、と彼女は思ったけれど、その声は紛れもなくあの時の少女の声だった。
「あ、本当だ。こっちの龍みたいな装飾品覚えているよ」という声は、あの少年のものだ。ふたりとも声も雰囲気もすいぶん変わっていたが、寄り添って立っていた。
「また、この指輪を見れるとは思ってなかったなぁ」
そう言いながら“少女”は自分の左手を、彼女と並べてみた。とても幸せそうに微笑みながら。
「んー。個人所蔵って書いてあるから、誰かが買ったんだね」
「あのビル、いまはないもんね」
“少女”は自分の手にはまっている指輪を撫ぜた。彼女はそれを見て残念だと思った。
「んー、ほぼ同じ色だね。我ながら自分を褒めてあげたいね」
“少年”はじっくりと彼女を見つめながら“少女”に聞いた。
「ねえ、なんでこの指輪を作ろうって思ったの?」
「え。え。え。」
「なんで言い澱むのよ」
「わ、笑うなよ。この指輪見た時、・・・って言いなさいって。言われた気が」
「はあ?」
「ああ、だからそれ渡した時に言った言葉ね」
“少女”は真っ赤になって黙った。
「じゃあ、私も告白」もう一度左手を彼女と並べた。「あの頃この指輪を観るとね。いつも“幸せだったわ”って声が聴こえるような気がしたの。だからこのデザインの指輪をあなたにもらった時、本当にうれしかった。あれがこの指輪の持ち主の気持ちなら、私もそう思える一生になるといいなって思ってたから」
二人はお互いを見ると、笑い合った。

「約束しておくれ、僕が死んだら“愛していた”と伝えておくれ」
「おかえりなさい、愛しい人。私たちはまた出会えるわ」
「貴方に・貴女に、出会えて幸せだった」

彼女は自分に刻まれた遠く懐かしい声を聴いていた。それから声ない声を二人にかけた。その場を去ろうとしていた二人は同時に振り返ったが、微笑み合い手をつなぐと美術館を後にした。

次の日、指輪の瑪瑙の石が割れて発見されたが、誰も驚くことはなかった。


「ふたりとも、再び出会えてよかったわ。私の仕事は、終ったわね」


2017/8/19記
あとがき
瑪瑙の指輪の物語の発想はずいぶん前のことになる。ダゲスタンの金製品を観た後だから25年ほど昔だろう。現在過去未来で考えていたのだけど、久々に歩いた渋谷の風景のせいか映像が降ってきたのでそのまま書いた。指輪を主人公に書くのも、舞台を渋谷にしようというのは最初から決めていたこと。
指輪が見えている風景だけを切りだしたので、説明不足な部分が沢山あるけれど、これはこれでいいか、と。
文章が目覚めから始まるのは、釈超空(折口信夫)『死者の書』の影響である。『死者の書』を教えてくださった教授は昨年亡くなった。たぶんこれからも目覚めから始まる話を書き続けると思う。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。