BIWA-YOU

『琵琶謡』とは、徒然を謡うこと。写真と、日々思うことを。      そして、できるならば詩や小説も書き綴りたいと思いつつ・・・。

2014年秋のトレンドチェック

2014年秋のトレンドチェックその1。(その2を書くかどうかはわからない)
このところのファッショントレンドは、前期、前年のイメージを引きずって展開してきた感がありましたが、少々変化があったので、メモメモメモ。

新宿ルミネの地下1階をぐるりと回ってきました。
ルミネ地下1階は10代後半から20代前半の女の子の服のお店が並んでいますが、お値段はどう考えても20代後半から30代前半なので、実際にあそこの服を着ているのは、私が想定する年齢より高いのだろう・・・と思われます。
トレンドが反映されやすい世代のファッションですので、今年のトレンドと言ってよいのではないかと。
もっとリサーチしますが。。。

まず、今年の夏についてメモ。
ここ2、3年のレース流行を引きずりつつ、レースに異素材合わせ、またボタニカル柄(植物の精密なイラスト)といったものが目新しかったです。1、2年前から見られるモンドリアン風のワンピースから派生したシンプルで直線的なワンピースも継続していました。
色彩は、オフホワイトからペールトーン、ホワイトの生地に植物の黒線と緑や赤の原色、と派手なようで、少々押さえたトーンが多かったです。モンドリアン風のワンピは、形がモンドリアンなだけで、トーンは黒やダークグレイッシュで、こちらも落ち着いた色で構成されていました。

では、この秋。
ここ何年か、AKBの影響なのかトップもボトムスもショート丈が多かったですが、市場も飽きたのか、ロング丈のカーディガン、上着が出ていました。長さは膝下ですので、とても長い。
同様にロングのワンピースもありますが、直線的なラインから、女性の身体にフィットするようなタイトラウンドのものが出ていました。身体のラインが出てしまうので、敬遠する人もいるでしょうね。
ひらひらしたスカートの他に、タイトスカートも出てきています。
模様はチェック柄に。トーンオントーン、グレンチェックなど、カジュアルなものからトラッドまで。
ボーダーもありましたので、はっきりした柄のものが出てきたようです。
トーンオントーンは、ダークグレイッシュ・トーンのグリーンや、ブルーなどが主流でした。
柄物は、ボタニカル柄を引きづっていましたが、白地にはっきりした模様の花柄が多く(春夏は、小花柄も多くみられました)見られました。
全体的なトーンはソフトトーン、ライトグレイッシュ、ダークなど、色彩がはっきりわかるようになりました。
数年続いた子供っぽいイメージのトレンドが久々に転換した気がしました。

とはいえ、ロングの上着は長すぎて、仕事向きとは言えません。
相変わらず日本のファッション業界は、女性は働かないものと決めかかっていて、働きやすい服やきちんと見られるような服を出さないのがとても残念です。
逆に、男性服については、男性はおしゃれをしないものと決めかかっているのか、働く服か、それかとても奇抜な服かに別れてしまって、働くのに着ても普段に着ても構わないような、中間の服を出さないのも残念です。

このあたり、ユニクロはちゃんとわかっているな、と思うこともあります。とはいえ、男性服の展開の乏しさを見ると、全くなってない。色のバリエーションは豊富なのに、いろんな服がない。
これでは、世の中の人の服装は、まだまだ変わりそうにないなぁと。

ファッショントレンドは回帰すると言います。
今年のトレンドも目新しいという感じはありません。(1980年代ファッションかな?)
時代が変わり、人々の生活が変われば、本来ファッションも変わります。
ファッション業界は、変化の最先端のはずなのに、形式にこだわって変わろうとしていない気がしてなりません。

(私が持つ資格は、A.F.T色彩検定1級、東商 1級カラーコーディネーター「商品色彩」「環境色彩」分野です。)

PageTop

誰に見える?

顔に見えませんか?
P5097232.jpg
アガサ・クリスティの探偵ポワロみたい。と思ってしまいました。
アヤメ、かな?

あの地震で、実家のあちこちが壊れているけど、修繕より建て直しの方が良策なので、壊れるままにしていますが、家を建てる準備の第一歩ということで、この春、約50年の間にバカ大きくなった庭木を切り倒しました。
そうしたら下映えの花木が元気になったこと。

葉っぱがお気に入りの木。
P5097247.jpg
花が咲くとは知らなんだ。
更紗灯台躑躅という名前だそうな。別名は更紗満天星。
花の香りは、草いきれ系の臭い匂い。

ツツジが超満開。
P5097241.jpg

庭はスカスカになってしまいましたが、植物の植え替えはお金がとてもかかるので、泣く泣く。
長年、日陰を作ってくれていた木木に感謝。
植物は手がかかるから、もう多くの木を植えることはないと思います。
淋しいなぁ。

PageTop

なぜに球根植物??

昨年の秋に除染をした、実家の庭。
表層を10センチほどはがしたので、多くの植物が生えてこないと思っていた。
といっても、根の深い植物は生えてくるとは思っていたけど、思ったより植物の根は深いみたい。

元気に花開いたスズラン。
P5097226.jpg

去年、庭いじり趣味の父が亡くなって、庭の家庭菜園の空間にペンペン草(ナズナ)が群生したけれど、その雑草たちも除染ではがされたわけで、今度生えるのはどの雑草と思っていたら、
春、こんなのが群生して咲いた。
P5097243.jpg

白い六弁の花。朝と夜には花を閉じ、明るい間だけ花弁の開く花。一つの枝からいくつもの花が咲くので、きれいです。
調べてみると、名前はオーニソガラム。和名オオアマナ(大甘菜)。
ユリ科 オーニソガラム属

オーニソガラムは100種類もあるようなので、庭に生えてきた子の正式名称は分かりません。背丈は30センチないくらいでしょうか。20センチかな。
へー綺麗な雑草もあるもんだ、と思ったものの。
この植物、球根多年草です。
・・・。
庭の表面の土は除染業者が持ってきた白い土です。
・・・。
去年はペンペン草が生えておりました。
・・・。
このオーニソガラムの「球根」どこから来たんでしょうねー。
例えば、ツツジの周辺に群生したから、元々あった球根が咲いた。ツツジなどの大きな植物はそのままだったので、根元の植物は生きていた。
いやいや、去年は群生してなかった。
不思議だ。

PageTop

ハリオ礼賛

ハリオというガラスメーカーをご存知ですか?
良質の耐熱ガラスの商品を出している会社です。

母がガラスならハリオ、と言っていたので、すりこみ効果。私もハリオの信望者です。

数年来、ご飯を炊きませんでした。
忙しさに料理をするのを諦めたころに炊かなくなったから、そのくらいのハズ。
で、その内、夕食の炭水化物を控えるようになったので、ご飯を炊く必要がなくなってしまった。
もちろん時々必要だったりするんだけど炊くほどでもない。
そこで一合炊きの電子レンジで炊ける器具を購入しようと考えていました。
いろいろな商品を見比べていましたが、ハリオの商品を見つけて即購入。
P4023188.jpg

電子レンジを使うのは、たったの7分。
お米を水に漬けたり、蒸らしたりで全体で1時間ほどかかりますが、料理をしながらなら丁度良い時間ですね。
P4023187.jpg
ご飯が赤いのは、十五穀を入れたから。
蒸し器にもなるので、野菜を蒸すのにいいかも。

PageTop

ピンクの、と言ったら…

な~んだ♪

P3243108.jpg
ぶひっ。

そう、ピンクと言ったらブタさんだよね~。
でもただのブタじゃないよ~~。
P3243109.jpg
電子レンジのフタで~す。
ちゃんとくるんとしたしっぽがあるところがいいでしょ?


2011年3月11日14時46分、懸念していた出来事が起こりました。
東日本大地震。マグニチュード9.0。
子供のころに経験した宮城沖地震。30年経ち、そろそろと言われてきました。
老築化した実家、介護度5の完全介護の母。
3日前の三陸沖の余震が続くんだって、という友人からの情報もあり、かつての経験から揺れ始めたその速度で、それが遠くの地震と判りました。
思わず半狂乱となりました。いったい何処の地震だと。
パソコンにアップデートされたのは三陸沖。実家のある郡山は6強。
手が震えて携帯のボタンさえ押せませんでした。

我がふるさと、福島は余震だけでなく原発の脅威にさらされ続けています。
一喜一憂の日々が続いています。

PageTop